スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺者数と景気

年間の自殺者数が

二年連続で三万人を下回ったそうです。

景気はもちろん、

無職かどうかも相関関係にあるようですね。

これだけ見ると借金や生活費など金銭的な問題、

すなわち景気の動向が注目されがちですが、

じゃ残りの二万人は?

忘れちゃいけないのが、二万人でも三万人でも

日本という国は自殺者の割合が他国にくらべてかなり多い点。


やはり「死にたい」気持ちを忘れたり、

紛らわすことも重要なんだと、

今の自分の状況を客観的に見て思います。

たとえ引きこもりでも。


自分語りになりますが

正直言うと、昨年まだ働いていた頃

僕の月収は40~50万でした。

でもどうでもよかった。

給料で評価されるより大事なことが、

もっと重要なことがあった。


その前の仕事では

何十人もの死の瞬間に立ち会ってきた。
首吊り、飛び降り、飛び込み、服毒、

交通事故、突然死、病死。

「死」に対する畏怖や畏れは薄らぎ、

自分にとって身近なものになった。

ただ、遺族の反応にだけは

何度経験しても慣れなかった。


昔から可愛がってもらった先輩の一人が

脊椎小脳変成症で、今や話すことすらできない。

もちろん車椅子もうまく使えない。

それでも必死に生きてる。

死を待つばかりではない。


平凡でもこれだけのものを見てきたにも関わらず

まだ願望を持つ僕はやはり病気なんだろう。


話を戻す。

つまり景気の上昇に関連して

生き残る決意をした人たちを引いたのが先の結果なら

公表された三万人弱の自殺者は

精神を患っていた可能性が

やはり割合として多かったと推測する。


ただ、今は家族がいて、俺はパパで。

少し変わったのは

せめて誰かのために死にたいと。

家族の役に立ち、

できる範囲で責任を全うしたい。

いないより、いる方がいいならそれでいい。


たくさん笑って

たくさん笑って


もし「愛」に限りがあるのなら

俺はすべてを家族に注ごう。

すべてが終わる前に。


体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村


コメント

共感したし熱も伝わりました('ω')
また書く予定はあるのかな??

この記事トンでて書いたから恥ずかしい…
社会保障が他国より整備されてるからこそ
逃げ道が無くなって取捨選択しなくちゃいけない。
だから出す答えが極端になりがちなんだよね。
『恥の文化』の産物なのかも。

誰に何と言われ思われようと
せめて『いいパパ』『いい旦那』だけは
死守したいと願っています(笑)
2014-03-02 14:50 rionapapa #r1y2oiqA URL編集 ]

お久しぶりです

本を読んで頂きありがとうございました!
共感していただけたみたいで嬉しいです♡
本当に日本は自殺者が多いですよね。
精神の病は簡単には治せないから難しい問題ですよね・・・
パパさまはホントにいいパパですよね!
尊敬します!!
2014-03-02 12:30 花岡 奈々 #Z53cvNG6 URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://rionapapa.blog.fc2.com/tb.php/195-0c99b613

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。