救急外来 : 小児科

夜間や休日の急な発熱や嘔吐

焦りますよね。

我が子が熱性けいれんなんて起こしたら

恐怖で自分が倒れそうになります。

子どもの疾病、症状は

やはり小児科の医者に診察してもらうのがベストです。

内科医では判らないことが多すぎるからです。


救急外来のある病院というのは

基本的に規模が大きいですよね。

でも救急で当直に入るドクターは輪番。


内科系のドクターと

外科系のドクターの2人しかいないと思っても差し支えないです。

場合によっては研修医に当たります。


ちなみに

「外科系」には耳鼻科、皮膚科も含まれます。

切り傷を耳鼻科医に縫ってもらいたい人いますか?

骨折を皮膚科医に診てもらいたい人いますか?

いませんよね。


物事に絶対はありませんが

できるだけのベストを選択したい。

それが我が子なら尚更です。


実は都道府県、また市区町村によって違いはありますが、

救急当番の日、というのが各病院で決まっています。

今日の当番病院はA病院で、

小児科、内科、外科、整形外科、脳外科のドクターがいます。

明日の当番病院はB病院です。

と、こんな具合です。


でもわかんないですよね、今日はどこが当番かなんて。

そこで救急医療情報センターというのがあります。

電話一本で当番病院を教えてくれます。

これで病院に行って断られる心配は無くなるわけです。

ただし、

全ての都道府県にあるわけではありません。

まだまだ医療システムが整っていないからで、

日頃から救急対応をしてくれる病院を知っておくことも大事です。



あ、冒頭の「熱性けいれん」ですが

お子さんが痙攣を起こしたら

慌てず騒がず落ち着いて

即、119番にコールしてください。

パニックで運転なんてできませんから。



体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村



夫婦共通の趣味:カラオケ


ウチはお互いストレスが溜まってくると

銭湯かカラオケに行きます。

もちろん昼間からアルコール摂取。

AKBで踊る。

金爆で踊る。

氣志團でハメを外す。

メロコアで叫ぶ。


最近JUJUに興味があって

僕は『また明日…』がお気に入り。

第二のつるの剛士狙ってるわけじゃないけど。


嫁とデュエット曲練習するのも楽しい('ω')

ミヒマル、EXILE、ホームメイド家族

キックザカンクルー古いけど二人でも盛り上がれます(笑)

古いと言えばあゆとつんくの曲とか…


最近の邦楽は全然わかりません。

童子-Tだっけ?

すぽんたにあ?

どなたか良いデュエット曲あったら教えてください(^^♪


体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村






昨日のトレ


昨日のトレ
スクワット200×1


少し結果が出たからって

手を抜き出すのは

僕の悪いところです。。

今日は空手の稽古もあるし

何かしらやります(^^♪



体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村



もう片づけか…

上から変な奴が覗いてますが(笑)

NCM_0052.jpg

飾ったばっかな気がするけど

出してひと月くらい経つのかな?


ひな祭り、一言で説明すると禊。

そういえば魔除けの力があるという

桃の花をすっかり忘れてた。。

禊なら必要だったなぁ~

うん、次は用意しよう!


また来年も宜しくな(^^)/



体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村

子どもの健康に格差が…


経済状態にゆとりの無い家庭と

経済状態にゆとりのある家庭では

母親の喫煙率が2倍違うそうです。

もちろんゆとりの無い側が高い方。


さらに

虫歯のある子の割合が2.4倍

肥満傾向も1.9倍。


これは大変なことです。


子は親を選べない。

子は環境を選べない。


虫歯はともかく、肥満傾向に関しては

大袈裟ではなく

子どもの人生に関わる可能性がありますよね。

糖尿病など生活習慣病のリスクも高まるじゃないですか。

栄養が偏ってるであろう想像もつきます。


経済状況なんて親の都合だけど。

現実は悲しい。



自分が虐待してるかも、

と感じる親の割合も

1.71倍高いそうです。



体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村

新郎がブーケトス?


最近の結婚式で増えているのが

ブーケトスならぬ

「ブロッコリートス」らしい。

花嫁さんが花束を投げる代わりに

花婿がブロッコリーを投げて

男性の友人がキャッチすると。

昨今男女の隔たりが無くなってきた…

とはいえ

ブロッコリーか…(笑)

下手したら落下して砕け散るかも(笑)


ちなみにブロッコリーは

子孫繁栄を象徴しているそうです。


…巨大シイタケでもいいのかな?


ダメかwww


体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村

昨日のトレ


昨日のトレ
スクワット200×1
骨盤上げ腹筋100×2


嫁と交代でスーパー銭湯行ってきました!


風呂入る前 : 70.4㎏

風呂上り : 69.2㎏


2年ぶりかな~60㎏台見たのは(笑)


体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村


3月1日 体重・サイズ計測結果

CIMG2139.jpg  CIMG2140.jpg

体重70㎏台 (2013年7月 → -6.0) 

胸囲95.0㎝ (2013年7月 → -0.5)

腹囲84.0㎝ (2013年7月 → -10.0)

ヒップ93.5㎝ (2013年7月 → -6.0) 

太腿54.5㎝ (2013年7月 → -2.0)

ふくらはぎ38.0㎝ (2013年7月 → -0.5)


いつも見苦しくてすいません。。

2月の目標なんとか達成です(^^♪

昨年からウエスト-10㎝!

いえーい!!

一気に落ちたのはモヤシばっか食べてたからかな?

最近、鏡を見てなんかイイ感じ?って思ってました。


減量が大変なのはここから!

新たに目標を設定します。

『5月末までに

ウエスト75㎝ ヒップ85㎝』

6月は結婚記念日なので(^^♪

気を引き締めて頑張ります!



体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村




娘の誕生日、だけど…

娘の1歳の誕生日。

もう三年前の話だー。

実は娘だけでなく

嫁にもプレゼントを買いました。

パイソン柄にスカルのスタッズがついた

ハードめなんですがカッコいい大きめなバッグ。

東京にしか販売がなく、探しに探してやっと見つけました。

なんか物で釣ったみたいですが(笑)


娘を産んでくれた、育ててくれた嫁への感謝。

一年生ママお疲れさま、二年生になってもよろしく。

ずっと可愛くてキレイなママでいてほしいし。

とまぁ色んな思いを込めたわけです。


結果は

すんごい喜んでくれました。

ボロボロ泣いて。


本当の意味で奥さんを労い、

認めてあげられるのは

一番側にいる夫だけだと思ってます。

奥さん、旦那さん、彼氏、彼女。

みなさん大事にしましょうね(^^♪



体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村


自殺者数と景気

年間の自殺者数が

二年連続で三万人を下回ったそうです。

景気はもちろん、

無職かどうかも相関関係にあるようですね。

これだけ見ると借金や生活費など金銭的な問題、

すなわち景気の動向が注目されがちですが、

じゃ残りの二万人は?

忘れちゃいけないのが、二万人でも三万人でも

日本という国は自殺者の割合が他国にくらべてかなり多い点。


やはり「死にたい」気持ちを忘れたり、

紛らわすことも重要なんだと、

今の自分の状況を客観的に見て思います。

たとえ引きこもりでも。


自分語りになりますが

正直言うと、昨年まだ働いていた頃

僕の月収は40~50万でした。

でもどうでもよかった。

給料で評価されるより大事なことが、

もっと重要なことがあった。


その前の仕事では

何十人もの死の瞬間に立ち会ってきた。
首吊り、飛び降り、飛び込み、服毒、

交通事故、突然死、病死。

「死」に対する畏怖や畏れは薄らぎ、

自分にとって身近なものになった。

ただ、遺族の反応にだけは

何度経験しても慣れなかった。


昔から可愛がってもらった先輩の一人が

脊椎小脳変成症で、今や話すことすらできない。

もちろん車椅子もうまく使えない。

それでも必死に生きてる。

死を待つばかりではない。


平凡でもこれだけのものを見てきたにも関わらず

まだ願望を持つ僕はやはり病気なんだろう。


話を戻す。

つまり景気の上昇に関連して

生き残る決意をした人たちを引いたのが先の結果なら

公表された三万人弱の自殺者は

精神を患っていた可能性が

やはり割合として多かったと推測する。


ただ、今は家族がいて、俺はパパで。

少し変わったのは

せめて誰かのために死にたいと。

家族の役に立ち、

できる範囲で責任を全うしたい。

いないより、いる方がいいならそれでいい。


たくさん笑って

たくさん笑って


もし「愛」に限りがあるのなら

俺はすべてを家族に注ごう。

すべてが終わる前に。


体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村



««前のページ  | ホーム |