「原因」と「結果」の法則


「七つの習慣」から第2弾ですー

CIMG2029.jpg

こちらも営業マン時代に上司から勧められた本で、今も大切な本です。

「七つの習慣」とは少し違う切り口なのに加え

「原因」と「結果」、「思い」の関連性に終始したシンプルな内容なので100ページもありません。

だからとても読みやすく、ちょっとした考え方の指南書なので即実践できます。


結果には必ず原因があり、原因には必ず思いがある。

ということは

思いを変えれば原因が変わる

原因が変われば結果が変わる


これは実生活でも非常に重要なことで

例えば僕自身を例に挙げると

「家族のために」

という思いがまずあります。

行動の基本が家族になります。

家族を意識した行動
家族を意識しない行動

この二つは原因に位置します。

結果が違うのは明白ですね。


この、思い→原因→結果の積み重ねが現在の自分です。

自分を創るのは環境ではありません。

逆に人間は選択した「思い」を起点に環境を創ることができます。

どんな悪い環境でも「思い」は自分で選択できるからです。


いい本ですよ(^^)/




体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆


にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



心のコーチング オススメ本2


ということで

オススメ本その2です。

CIMG2013.jpg

コーチングってまだまだ日本じゃ認知度が低い分野ですが

部下ができた頃からずっと興味がありました。

育児と部下の育成は非常に似た部分が多いものです。

自立、自律、自己肯定、責任…

「教育」という言葉一つでは収まらない気がします。

部下の育成と育児の違いについて本書内では

「限界設定」と「限界突破」の違いとの記述があります。

詳細が気になる方はぜひ読んでみてください。


またこの本では父親の役割、母性と父性、子どもの自立など、

掘り下げて分かりやすく解釈してあります。

特に母性と父性がそれぞれ子に与えるもの

これは重要なポイントになると思います。

文中から引用しますが


「実の親子であろうとなかろうと
 
 親が二人そろっていようといなかろうと
 
 子どもには母性の与えるものと
 
 父性の与えるものの両方が必要である」


まさに「参考書的」で見た目はパパ用ですが

ママはもちろん、

父親にも母親にもなる必要のあるシンママにもかなりオススメです。

僕ら夫婦それぞれの育児への立ち回り方を教えてくれた一冊です。




体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 愛妻家へ
にほんブログ村







12日のトレ


スクワット200×2

今回からスクワットの回数を増やしました。

ちょっとしんどいです(笑)

でもこれで一つレベルアップするかな?




パパのHP 体重・サイズ計測結果の記録2014


☆ランキング参加中☆






11日のトレ


スクワット100×2
足上げ腹筋100×2
ストレッチ

あちこち筋肉痛がひどく(笑)

11日は嫁も娘も休みだったので

トレと言うほどの事はしていませんが。

継続が大事だと信じて…



☆ランキング参加中☆







10日のトレ


アップ忘れてました(笑)

空手の稽古
スクワット100×3
足上げ腹筋100×6
ストレッチ

ウエストの引き締めには

高負荷低回数と低負荷高回数の組み合わせが必要だと思うんですが…

低負荷の割合の多さは腰の調子と反比例します。。

まぁ何もやらないよりはよっぽどマシだと思います。


☆ランキング参加中☆






 | ホーム |